長野県の遺品整理・特殊清掃はエバーグリーンにお任せください

特殊清掃

  • HOME »
  • 特殊清掃

特殊清掃とは

事件、事故、自殺等の変死現場や独居死、孤立死、孤独死により遺体の発見が遅れ、遺体の腐敗や腐乱によりダメージを受けた室内の原状回復や原状復旧業務を指します。
誰にも気づかれずに、長い時間ご遺体が放置されてしまうと、ハエや蛆などの害虫の発生腐敗臭、体液・汚物などが住宅に浸透しい、一般の方では手の施しようが無い事もございます。

弊社では、そのような状態の住宅などにおいて、現場の除菌、清掃、消毒、害虫駆除、リフォーム、遺品の整理、処分、供養を行っております。

二次感染とご家族での対応

故人への思いや、金銭的なことで、ご家族での掃除片づけをお考えの方もおられると思います。
しかし孤独死がおきたお部屋は、病原体、ウイルスなどが充満している状態で、かなり危険な状況です。
B型肝炎、C型肝炎、HIV、梅毒の血液媒介感染症などの危険があります。
腐敗した死体は感染症の巣といってもいいほどに危険な状態です。
ですので、ご遺族様の片付けたい、と言うお気持ちも分かりますが、感染症対策、知識を持っているプロにお任せをお勧めいたします。

臭い対策

孤独死や、自殺現場など、故人が気づかれずに放置されていた場合の、1番の問題は臭いです。
死臭や異臭が発生し、近隣の方たちとのトラブルの原因になる事が多々あります。
弊社では、オゾン脱臭器、最新の殺菌消毒薬液、を導入することにより、清掃終了直後からご遺族様の入室を可能にいたします。

改修工事の必要性

特殊清掃が必要な状態ですと、ご遺体の発見された周辺のリフォームが必要な場合が多くなります。
お亡くなりになっていた場所により、クッションフロア、フローリング、コンクリート、お風呂等場所によっては、
床の張替え、コンクリートのはつり工事、壁の張替え等、体液等が浸潤した箇所は入れ替えをお勧めしております。
リフォーム会社も経営する弊社では、改修工事にも迅速に対応いたします。

床
フローリングの隙間から体液が進入し、2重床のコンパネに染みておりました。

お見積り・ご相談は無料です TEL 0266-75-1145 受付時間 9:00 - 19:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP